GXT

【話題沸騰寸前】世界初!GXTが暗号資産によるダイヤのオークションを開催します。

GXT ダイヤモンド 投資 GXTT

チャトラン(@chatoran)です。

今日はGXT社の最新トピックについてお伝えします!

GXTがニュースサイトで話題沸騰中

最近、いくつかのニュースサイトで、ちらほらGXTが話題になっているのを見つけ、テンションが上がる日々を送っております。

これとか・・・

これとか・・・

※パスワードマネーってのは自動翻訳ミスで「暗号通貨」のことですね。w

これとか・・・

これとか・・・

これとか・・・

って、、あれ・・・・??

GXTのニュースが、webメディア内全体で人気記事1位になってるやん!!

 

調べたところ、ここは新聞社のニュースサイトのようです。
google chromeのブラウザで開くと、日本語に自動翻訳されました🌸

何かのカテゴリ別の1位ではなく、1000記事以上が掲載されているJOBPOST全体のランキング1位の記事として、トップページに乗ってますので、ランキングが変わらないうちにみんなもぜひ見てみてください🎵

 

でもね、今、目の前に見えているものは、ほんの一部分。

チャトラン
チャトラン
GXTは、まだまだこんなもんじゃないから!

私は、GXTがもっと凄いことになるのを確信しています。
これが、よくあるマネーゲーム系のHYIP案件なら、
ここまでエネルギーと時間をかけて取り組むほどヒマじゃないのです。

口外禁止情報が多いため、まだ開示はされていませんが、
年末までには、さらなる特大発表が期待できるかと思います。
これは、夢物語で終わらない気がしてなりません🌸

 

ということで、みんながGXTを売ろうとしている中、
私は最近、8000枚ほど追加で買っちゃいましたよ!!w

全てが完璧に予定通りで、進んでいるわけではないですが、
この会社は、基本的にはずっと有言実行しているし、
ビジョンに従って、ブレずに前進していると感じます。

だから本当に、応援しがいがあります。

壮大なビジョンやビジネスモデルを語るプロジェクトはたくさんありますが、GXTは口だけの会社ではないということは、この半年間、会社を見てきて実感しています。

GXT、世界初の暗号通貨のダイヤオークションを開催

PIC_The first ever diamond auction in a GXT wallet using a GXT coin (Photo=GXT Project)

そんな、着実な前進を見せるGXTですが、来たる5月4日、世界初の暗号通貨によるダイヤモンドオークションが開催されることになりました。

先日、GXTプラットフォーム内の「オークション」機能がもうすぐ完成するという話を耳にしていたのですが、やはり、ちゃんと有言実行してくれました💡

この暗号通貨のダイヤオークションは、「世界初」の試みになります。
これも、またニュースになること間違いなしですね♪

韓国のwebメディアに掲載されている詳細記事はコチラです。

以下、記事の翻訳文になります。

ブロックチェーン技術と現実の生活を組み合わせた現実の経済が実用的になりつつあります。
GXT Globalは、ファイナンス(保険)、オンラインショッピングモール(ユーロモール)、オフラインラグジュアリーストア(ユーロフレンド)、ラウンジバーに続いてダイヤモンドオークションサービスを開始すると発表しました。
これは、GXTプロジェクトを通じてブロックチェーンテクノロジーを組み合わせた実体経済です。

コインを使用した最初のダイヤモンドオークションは、5月4日の15:00 UTC + 8に始まります。
最初のオークション製品は、ダイヤモンドの3カラットであり、市場価格が50,000ドルを超えると予測されており、GXTコインを使用してオークションに参加できます。オークションの最高入札者は、オークションアイテムとオークション保証を受け取ります。 

オークション参加方法とは、オークション開始前に参加料としてGXTを支払い、オークションに参加し、落札者様にオークション商品を落札する仕組みです。

GXTプロジェクト関係者は、「プロジェクトは参加費をオークション価格として使用しているので、実際の落札者は非常に少量でオークション製品を獲得することができます。 そのため、多くの方の参加を期待しております。 」

オークションの商品と保証は保険がかけられ、オークションが成功した国に発送されます。税は通関手続きの担当者が負担します。

オークションサービスは、GXTコインを使用して、GXTウォレットのGXTプラットフォームで利用できます。GXTコインは、BW、COINBIST、およびEUROEX取引所のBTC市場に上場されており、取引所で購入できます。

GXTコインホルダーは、GXTウォレットを通じて金融サービスの一部として保険を購入できます。
ユーロモールというオンラインショッピングモールでは、GXTコインをリンクして、商品購入時に最大100%使用できます。 さらに、韓国のオフラインストアとしてアックジョンにあるbergereの高級店には、ブロックチェーンオフライン決済システムが装備されており、GXTウォレットのG-PAYを通じてGXTコインを使用して商品を購入できます。

「GXT Globalは、強力な実体経済に基づいてブロックチェーンエコシステムを構築することを目的としており、実際にGXTコインを通じてエコシステムの構築を実現しています。
しかし、それはGXT Globalのロードマップのほんの始まりに過ぎません」とGXT Globalの関係者は述べた。

「GXT保有者は、GXTを通じてより多様な実体経済を体験するために努力し続けるでしょう」と彼は付け加えました。

GXT Globalは、シンガポールに本社を置き、バージン諸島で暗号通貨を発行するブロックチェーンベースのテクノロジー企業です。

タンザニアとコンゴでダイヤモンドの宝石を購入し、インドで処理して、世界最大のダイヤモンド販売市場であるドバイDMCCでダイヤモンドを販売しています。

さらに、ダイヤモンド製品の価値を最大化するために、70年以上にわたって米国ブランドのベルジェールを取得し、9か国で商標を登録しています。

とのことです。

「ダイヤのオークションに需要なんてあるの?」と思われる方がいるかもしれません。
たしかに、一般消費者の視点だけで見れば、そういう意見もあるかもしれません。

しかし、視野を広げてみれば、私の周りの富裕層も、ロレックスなどの時計を買っていますが、これは単なる贅沢や趣味や見栄のためではなく、非常時の時を見据えた資産保全のためです。つまり現物資産という意味で、商品を保有する人も多いんですよね。
それと同様、ダイヤも流動性の高い現物資産となりえます。

もしこれが、市場価格よりも安く買える機会があるのであれば、ダイヤ自体の興味云々に関係なく、ニーズは出てくることが予測されます。

さらに、暗号通貨でダイヤを買えば、「物々交換」としてみなされるので税金がかかりません。(※国によりますが)上記のことから、まず富裕層へのメリットは大きいと思います。

そして、GXTのプラットフォームには秘密の裏ワザがあります。

GXTは、購入時のレートは「一番高い取引所の値段」を採用してくれるようになっています。
みなさんもご存知かもしれませんが、GXTは取引所の価格の乖離が大きいです。
つまり買い物も、アービトラージの概念でお得になります。
現在BWの価格は0.25ドル、EUROEXは0.88ドルなので、3.5倍以上の開きがあります。

これを分かりやすく例えるなら、
350円分のTポイントが、100円で手に入るという意味だったり、
すき家の牛丼の並盛(350円)無料券が、100円で買えるということです。w

とにかく、めちゃくちゃお得ってことです。

GXTのコインユーザーは、もちろん全員が投資家ですし、富裕層も多いでしょうから、合理的に考えてメリットが大きい内容であれば、需要はあることが想像できます。

私もお金持ちなら参加したいです。笑

ちなみに済州島のショッピングモール「EUROFRIENDS」では、商品価格の50%をGXTで支払うことが出来ますので、これも、今のレートで考えますと、安い取引所でGXTを購入すれば、必然的に店舗内のどの商品も35%オフで買えることになります。

お得すぎますね・・・!!!

GXTは、これからさらに世界的に飛躍します

「GXTって韓国案件でしょ?」「韓国って不況だから経営ヤバいんじゃない?」
などと言われますが、GXTはシンガポール法人の多国籍企業であり、
ダイヤ事業は、ドバイのDMCCで世界中の業者への輸出がメインです。

ただし、BtoCのマーケティングの本拠地が韓国なので、テストマーケティング的に、様々なことが韓国からスタートしていますが、あくまでもグローバル企業なので、これは世界各国を舞台に見据えた準備段階にすぎません。

5月末までには、世界中の人がEUROMALLにてGXTコインをショッピングに使うことが出来るようになりますし、今、私がオススメしているGXTの事業投資案件「GXTT」は、5月から東南アジアとロシア(中央アジア)でグランドオープンします。

日本では2月からスタートしたので「もう遅いですか?」と聞かれる方がいますが、全然遅くありません。これからGXTTのメインである中国市場が動き出します。

「絶対」はないですが、最短120日で元本回収できますし、ダイヤ事業は3年続いている上で、どう考えても今から120日以内に破綻するような会社ではないと、個人的には思っています。

チャトラン
チャトラン
本当にGXTのことは、多くの人に理解してほしい!!

また、私の意見を鵜呑みにするんじゃなく、自分でしっかり情報収集をすれば、さらに確信が持てるようになると思います。

※もちろん投資なので予期せぬリスクもありますから、毎週しっかり出金して元本は回収したほうがいいと思います💡
投資するかどうかは各自の自己判断でお願いします。

GXTTの運用額別のシミュレーションのおさらいはこちらです。


↑たとえば1000ドルの場合なら、日あたりの事業配当が5.88ドルで、満期まで毎日もらえるので、170日で二倍になります。

案件の詳細・やり方はこちらを見てね!!

あわせて読みたい
【1番のオススメ!】GXTTの登録・入金・運用・出金方法は?チャトラン(@chatoran)です。 私が心から応援している大好きな会社、 GXTが事業投資の新プロジェクトをスタートしていま...

マジで、勧誘目的とかの薄っぺらい気持ちではなく、この会社を通して、一緒に稼げる仲間を創りたいので、チャトランは本気で突っ走ってます。

とりあえず今後も、会社の発表があれば、どんどん報告していきますのでお楽しみに♪

ABOUT ME
chatoran
chatoran
寅年生まれのチャトラン社長です。 投資歴13年。株の売買、ファンド事業、配当ウォレットで全資産と信用をなくすピンチに陥っている。でもここで諦めたら人生終わり。 この挫折で得られた学びと人脈を今後に生かし、持ち前のバイタリティーで案件の現地調査、情報収集、FXなど、徹底的な立て直しプランを検討中。 お金は、夢を叶えるためのガソリンだと思っています。 勇気を出して一歩進んだ先には、素敵な未来が待っているということを、自分の身をもって証明できるよう、持ち前のチャレンジ精神で、今後も全力で頑張ります。