GXT

【重要】買取プロジェクト進捗状況・面談案内と追記の注意点

チャトラン(@chatoran)です。

先日、買取プロジェクトのご予約を締切いたしました。

集計結果ですが、累計175名の方にエントリーいただきました。

そのうち、今までやりとりしていて私がもともと知っている方が85名
系列を問わず、初めて聞くお名前の方が90名ほどいらっしゃいました。

チャトラン
チャトラン
こんなに多くの方にご応募いただくとはビックリです😲

メッセージ欄では、多くのユーザーの方の運用状況や事情や考え方を知ることが出来て参考になりましたし、可能な限り対応したいと思っています。

つきましては、取り急ぎ面談のご案内をしようと思いますが、色々思うこともあるのでまずは免責事項や注意事項を述べさせてください。

文章をよくお読みください

残念ですが、全く内容を読まれていない方がいらっしゃいます。

以下のような方は申し訳ありませんが、対応いたしかねますのでご了承ください。

エントリーフォームの入力がない

LINE@で突然「買取を希望します」とだけメッセージを送られる方がいらっしゃいますが、今回エントリーされる方には買取フォームの入力をお願いしています。
フォームに入力されていない方へ特別対応をすることはありませんのでご了承ください。

LINEでやりとりが一度もない

前回の繰り返しになりますが、LINE@はそのシステム上、みなさんからのメッセージやスタンプなどのアクションがなければ、私から個別でご連絡を差し上げることが出来ない仕組みになっています。

しかし、今回は上述の通り、私とやりとりをしたことない方が90名もいらっしゃる状況です。
(アップから買取のエントリーフォームだけが送られてきて、よく分からないまま入力させられた光景が目に浮かびます…😂)

入力されたご本人からのアクションがなければ、ご案内すら進められない状況です。

エントリーされた方で一度もやりとりのない方は、12/30までに私のLINE@へご挨拶をお願いします。

※期日までにご連絡がない場合は、買取辞退とみなさせていただきます。

また、リーダーさん以外のGXTT関連の連絡や質問も、基本的にはLINE@に統一でお願いします。

テレグラムやツイッターやメッセンジャーや個人ラインを全て使いこなせるほど管理能力が高くありませんので、申し訳ございませんがご協力をお願いします😭

元本額が間違っています

今回、ご自身が入金された資産をドル単位で記入いただく欄がありますが、
だいたい3割の方が明らかに間違って記入されています。

①まず多いのは「90」や「160」や「120」などの数字。

GXTTは最小単位でも500ドル~です。おそらく桁を2つ間違っているのだと思われます。

②金額とアカウント数が合わない。

元本が1000ドルなのにアカウント数が15個など、少ない金額なのにアカウント数は2桁台の方がいらっしゃいます。複利なのか、紹介なのか、それとも入力間違いなのか分かりにくく、系列の違う方は確認も出来ずにいます。

③「1600000」などの破壊的な数字

こんな人いたら、一瞬で枠がなくなってしまいますw
ゼロが2つ多いと思います。。。

④200万など円単位での回答

「ドルでお答えください」と書いているのに、円での回答も非常に多いです。

運用パッケージはドル単位なので、円に換算されるといくらのパッケージを何個購入されたのか分かりにくいです😭

このような状況のため、未だ希望者全体の合計金額が分かりませんし、
正しいドルの金額が出せないと、予算枠とのバランスも不明確なままです。

修正したい方は再入力ではなく、LINEでメッセージをいただけますと幸いです。

 

※余談ですが、
文章を全く読まないまま何度も同じ質問を繰り返される方が多くて疲れていたとき、友人が「もっと言ってはいけない」という本に記載された以下のデータについて教えてくれました。

【*拙著『もっと言ってはいけない』(新潮新書)参照。PIAACの問題例を含むより詳しい説明は拙著『文庫改訂版 事実VS本能 目を背けたいファクトにも理由がある』(集英社文庫)を参照】

【1】日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない(正しく読解できない)
【2】日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない
【3】パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない
【4】65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない

これを知って、「そんなことある?!」とずっと半信半疑でいましたが、今回の買取プロジェクトを進めてみて、確かに約3割の方が間違った記載や違うやり方をしている状態。

チャトラン
チャトラン
「日本人のおよそ3分の1が日本語が読めない」というデータは、あながち間違っていないのかも、、、と思ってしまいました😅

「元本」の意味について

今回、元本の入力欄がありますが、「マーケティング報酬と複利分は含まれません」との注意を記載してもなお、明らかに数字の大きい方がいます。

「元本」というのは元手となるお金のことをを指しています。つまり、自己資本でいくら出したか?という意味です。損益分岐点は、基本的にこの元本をベースに考えます。

実際に手にした利益が、元本を下回っている場合を「元本割れ」の状態といい、そのまま投資が終了した場合はマイナスで終わります。

逆に、実際に手にした利益が元本分を上回った場合は「元本回収」した状態となり、プラスで終わっている状態です。

しかし、今回のフォームでは複利分と利益を含めて「元本」と記入される方が多いです。

たとえば、最初に元手として2000ドルの自己資本を入金し、160日後に満期となり、複利運用で4000ドルにアップグレード。その後、150日後の満期で撤退し、ウォレットの残高8000ドルのうち、3000ドルを出金して利確していたときの場合。

この場合は、純粋な入金額は2000ドル/回収した額は3000ドルで、収支としては約1年で1000ドルのプラス利益(元本回収済)となります。

これでも、年利約50%という驚異的な投資結果になるのですが、たまにGXTTで得られた利益と元本を混ぜてしまい「元本回収出来ておらず困っています」と主張される方がいらっしゃいます。

実際に一度、本当に元本割れしているのかを再度確認されてみてください。

正直「儲かりましたがお金に困っています」というのはGXTT側の問題というより、別の投資で失敗したとかキャッシングしたとか、本人都合の問題と判断される可能性もありますが、どんな方でも面談の対応は承ります。

ただし、記載内容に矛盾がある場合は、途中でお断りさせていただく可能性も高いのでご了承ください。

今回の主旨と違う理由の方が多い

この部分を再度お読みいただきたいのですが、

今回の買取には、明確な目的があります。

①本当に困窮されている方
②GXTを詐欺、または私は詐欺師だと思っている方
③投資を後悔していて今すぐ撤退したい方
④元本回収しておらず会社に不信感がある方

をメインの対象としているとお伝えいたしますが、みなさんは本当に上記に該当されていますか?
改めて、お考えいただきますようにお願いします。

例えば以下のような理由の方がいます。

・操作がよく分からない、内容が難しいので買取してほしい
⇒「面倒くさいから楽な選択肢を選びたい」という方はご遠慮いただきたいです。

・XIGNALの移行が出来ないアカウントがあるので買取してほしい
移行が出来ない問題を解決することは今回の買取の目的には該当していません。
出来る方法はいくらでもありますので、まずはご紹介者やリーダーさんに相談してみて下さい。

・なるべく早く資金を回収したいので買取してほしい
⇒早く資金を回収したい気持ちは全員同じです。
本当に困窮されている方もいらっしゃいますので、収入があり生活が出来ている方はお待ちいただければと思います。

・他の投資に回したい・他の投資の損失を早く取り返したい
⇒お気持ちは分かりますが、今回の対象には当てはまりません。
今後もステーキングで増やせますし、他の投資ならもっと稼げる(他の投資をしていたらもっと稼げたのに)という機会損失的なお話も「たられば」でしかありません。
実際、あれこれ他の投資に手を出している人のほうが資産を飛ばしている現状です。

上記のような動機の方は、再度自分が本当に該当しているのか、再度ご確認をお願いいたします。

私は最終判断はしませんが、予算が決まっているのは事実なので、金銭的余裕のある方は譲り合いの精神をもっていただければと思います。

ウソはバレます

残念なことに、嘘をついてまで買い取りを依頼しようとされる方の報告が多く見受けられています。

たとえば、元本額の水増し、ご本人名義ではないアカウントの買取依頼、「借金がある/職を失った」等の虚偽の報告、利益を得ているのに「元本回収できていない」などの報告など。

チャトラン
チャトラン
もう、持続化給付金の不正受給詐欺みたいなもんです😭

しかし、ウソは基本的にバレると思っておいてください。
せっかくの限られた予算なので、慎重・適正に買取を進めたいと思います。

そういう不正のないように、面談・買取は全てご本人との対面で、GXT社と関連のない第三者が公正・平等に行わせていただいておりますし、トラブルを未然に防ぐためにある程度の情報の裏取りをとらせていただくこともあります。

こちらから運用状況の確認が取れない場合は、他系列のリーダー様よりご協力いただく可能性もございます。※絶対秘密にしてほしい場合はその旨もお知らせください。

ただ、当プロジェクトでいただいた情報に関しては、本件以外の買取以外で悪用したり、外部にリストを売るとか、そういうことはしませんのでご安心ください。

今回の優先順位・スタンダードな考え

前回の買取の記事に関して、多くの方からの質問がありましたので、お答えします。

なぜチャトランが面談しないのか?

面談&判断は、GXTと関わりのない中立的な第三者の方に公平に行っていただく予定です。今回、私自身は買取の有無に関しての最終判断に一切介入や口出しをしないようにしています。

そして、買取の資金状況は全て1ドル単位で記録・開示し、多くの方にも買取の事実をご報告いただこうと思っています。

これは、私がウソをついていないこと、金額をごまかしていないこと、
そして私が不当な理由や個人的感情で判断していないことを証明するためです。

「親しい人だけしか買い取らない」と勝手な憶測で言われているらしいですが、(それこそ日本語が読めない?😅)
記載の通り「詐欺・不信に思っている方に撤退してほしい」という気持ちが一番です。クレーマーやアンチの方を歓迎します。
一緒にやっていきたくないし、これ以上粘着されたくないので、撤退していただければ嬉しいと思います。

他のリーダーの人も、みなさんサポートや対応にエネルギーを奪われて疲弊しているはずです。
ユーザーがキツイのも分かりますが、紹介をした側もみんなキツイ気持ちでフォローしています。良かれと思って一生懸命サポートしている人がほとんどだし、優しい方ほど今の状況はしんどいと思います。

みなさんが撤退してほしい紹介者の方もいると思うので、そういう方がいれば出来るだけ協力させていただければと思っています。

予測される買取の優先順位

みなさんから「〇〇の場合は買取できますか?」と聞かれることがあります。

出来るかどうかは予算と面談次第なので、絶対的なルールはありませんが、もし予算が足りなかった場合は、下記が優先されるのではないか?と予測されます。

元本回収済<元本未回収
別系列<チャトラングループ
一部アカウント<全アカウント
末端アカウント<上のアカウント
肯定派・応援者<否定派・クレーマー

特に、元本回収されている方は、よほど予算枠が余っていない限りは厳しいのでは?と思います。

会社でない立場の方が、利益分を余分にお支払いするのも変な話なので😅
利益分に関しては、引き続き会社から受け取っていただければと思います。

主体性を持って自ら動いてください

先日、「投資は自己責任だが、回収も自己責任」というキーワードを聞いて「なるほど~」と思ったことがありました。
自分の大事なお金を、他人任せにしてはいけないという意味では確かにどちらも同じ。

ここでは「情報」と「きっかけ」と「ツール」は提供しますが、それを生かすも殺すも全て自分の行動次第。その裁量は私ではなく、みなさんにあります。

GXTTでも、私がみなさんの行動をコントロールしたり、何かを強要したり、無理やり勧誘したり、決断を迫ったりしたことはないはずです。
そこまで一人一人に干渉する気がないし、興味がありません。

SNSやLINE@で情報を全体発信することはあれど、それを受信してどうするか?は、全てご自身が考えて決断して動くことです。

特に今回は、こちらに金銭メリットはない話です。
「なんで名古屋に来てくれないんですか?」「なんでしてくれないんですか?」など、「〇〇してくれない」という受け身のお客様思考では、バランスが悪くなります。

これが、GXT社側が買い取る話なら、みんな顧客として会社に要望を出す権利や、会社も対応義務がありますが、私は会社側ではなく投資者側で、誰とも契約を交わしていなければ、債務・債権関係はありません。

もともと2年前にGXT社に訪問させていただき、そこで感銘を受けただけの末端ユーザーです。その後、GXTファンとして有名にはなりましたが、会社に何か依頼されて発信したわけでもなければ、特別なお給料をもらっているわけでもない。

確かに普通、出金が止まってお金にもならず、無駄に叩かれるのにこのモチベーションで発信し続けられるのは頭がおかしいので、会社の回し者とかサクラとか疑われても仕方ないと思いますが、本当にGXTを応援しているだけです。

以前、私は会社の人間や詐欺師ではないかと疑われ、色々調査や尾行もされてたみたいです。調査結果はどうだったでしょう?

3歳の娘とスーパーに行き、お菓子を買わされ、買い物袋をさげて電車で帰宅し、たまに夫婦で出かけたり友人と会ったり。

高級車もタワマンも豪遊もない、商店街沿いの賃貸アパート暮らしの地味な3人家族のごく平凡な日常しかなかったと思います😅

私は家族が一番大事で、平穏な日常を過ごしたいだけ。
みなさんも同じ気持ちじゃありません?
多くの方が同じ気持ちと思うのです。早く安心してゆっくりしたい。
下手したら、GXT側も同じ気持ちかもしれません。こんなこと、誰だって早く終わらせたいでしょ。

望む方向性は全員同じなのですから、被害者とか加害者とか、どこかで線引きする対立抗争ではなく、お互いが主体性を持って歩みよる姿勢が大事じゃないかなと思います。

他人から「〇〇してもらって当たり前」という上げ膳据え膳な発想では話が進まないので、買取希望の方は、自主的に情報を読み込んでアクションいただければ幸いです。

そして免責事項。

今回、買取が出来なかった方や買取された方はノークレーム・ノーリターンでお願いします。

①買取が出来ない可能性は事前にお伝えさせてもらっております。

買取の有無は私が判断しませんので、面談結果がどうであれ、クレームや理由のお問い合わせはなしでお願いします。内容に同意出来る方だけ、面談にお越しください。

②買取した直後に、もし出金が再開したとしても買取をキャンセルすることは出来ませんのでご了承ください。「やっぱり返してください」というお話はナシでお願いします。

【重要】面談のご予約をお願いします

色んなことを言ってしまいましたが、それだけ今回は真剣な話だということです。

全員の要望に応えるには予算的な限界はありますが、私だけでなくお互いが共通認識を持って優先順位を上げて進めないと、タイムオーバーになってしまいます。

コタツでゴロゴロしてたらお金が降ってくるとか、連絡しただけで勝手にお金が振り込まれるとか、そんな都合の良い考え方は捨ててください🙇

1月中旬以降は、XIGNALの移行期限になるので、アカウントの買取自体が出来なくなります。ヒアリングは遅くても、1月上旬に終わらせないといけません。

チャトラン
チャトラン
先日の移行スケジュールの発表を見て、これはヤバイ!と急ピッチでスタートしていますが、どう考えても時間が足りない😓

24時間ずっとPCとスマホと通話ばかりで家族には申し訳ないですが、今年はクリスマスも忘年会も大晦日もお正月も中止。最優先で進めたいと思います。

 

今回のブログの主旨を理解いただいた方は、以下の日程で面談のご予約をお願いします。
辞退される方はその旨ご連絡ください。

場所:東京都・虎ノ門ヒルズ周辺🐯(詳細は予約確定した方にお知らせします)

①12月30日 9時~22時
②12月31日 9時~22時
③1月1日 9時~22
④1月2日 9時~22時
⑤1月3日 9時~22時
⑥1月4日 9時~22時

※予約は先着順です。枠がなくなる可能性が高いのでお早目のご予約をお願いたします。また、当日は時間厳守でお願いします。

ご予約はチャトランのLINE@でお願いいたします。
(27日締切のエントリーフォームに記入のない方はご遠慮ください)

「え~お正月ゆっくりしたい」とボヤく方は来なくて良いです😅
それは関係者全員が同じ気持ちです。優先順位はご自身で決めてください。

また、このプロジェクトに金銭的な利害関係はありません。
買い取ったアカウントがもし出金出来たとしても、私はそこで1円も利益をとらない。
買取プロジェクトや面談に関わってくださる多くの方も、それぞれ地方にご実家がある中で帰省もせず、ご協力してくださっている状況です。

プロジェクトの経費は莫大で、現状メリットはゼロどころか大幅なマイナスです。
ここまで進めて、さらに出金出来なかったらマジで大事故になる話です。

それだけの覚悟で企画したことだから、みなさんも自分のお金に対して覚悟を持って動いてほしい。
最低限、こちらからのアナウンスはしっかり読んでくださいね。

東京は上記日程で確定です。
あと大阪はまた決まり次第、ご案内致します。
福岡は人数が少なかったため、東京と大阪の2箇所で開催とさせていただきます。

あれこれ口うるさいことを言いましたが、最後まで責任もって進めて参りますので、引き続きよろしくお願いいたします。

【LINE@でも情報発信中🎉】

チャトランのLINE@では、投資案件の情報や体験談をメインに、
知って得するお得な情報、ブログ更新情報などいち早くお届けしています。

また、個別での質問やサポートにも対応しています。
ぜひ、以下よりお友達追加をお願いしますね♪♪

↓↓

友だち追加

 

ABOUT ME
chatoran
chatoran
寅年生まれのチャトラン社長です。 投資歴13年。株の売買、ファンド事業、配当ウォレットで全資産と信用をなくすピンチに陥っている。でもここで諦めたら人生終わり。 この挫折で得られた学びと人脈を今後に生かし、持ち前のバイタリティーで案件の現地調査、情報収集、FXなど、徹底的な立て直しプランを検討中。 お金は、夢を叶えるためのガソリンだと思っています。 勇気を出して一歩進んだ先には、素敵な未来が待っているということを、自分の身をもって証明できるよう、持ち前のチャレンジ精神で、今後も全力で頑張ります。