GAINSKY

ゲインスカイ・リーガルコアに関する個人的見解

チャトラン(@chatoran)です。

先月、GAINSKYでは様々な変更点がありました。

まず3日間の高速出金の廃止、そこから突然のKYCの導入、そしてKYCが通るまで出金ができないという状況となっています。

もちろんそれは、regalcoremarketsのアメリカ新規ライセンス取得のためで、
表向きとしてはポジティブな理由からの追加KYCの提出となっております。

ご不安な方からのご相談も多いため、
個人的な見解を述べていきたいと思っています。

GAINSKYの出金は再開するのか?

残念ではありますが、個人的には、99%難しいと感じています。
そう思う根拠について挙げていこうと思いますが、まずは前回の記事からご覧ください。

あわせて読みたい
GAINSKY(ゲインスカイ)のKYC・2段階認証は提出すべきなのか?チャトラン(@chatoran)です。 今日はゲインスカイのKYCについての見解を述べます。 ※あくまで私の個人的な見解ですので...

これは一般論ですが、上記で挙げたように、
「出金停止→KYC提出となり出金再開した前例がない」というのがあります。

それと同時に「いや、今回だけは大丈夫だ!」と思える材料がないというのもあります。

もうこれも何度も何度もしつこく言っていますが、詳しくはこの過去の経験談を参照していただければ幸いです。

あわせて読みたい
投資、HYIP案件の「飛ぶ」って何なの?~出金停止経験者は語る~チャトラン(@chatoran)です🐯。 案件の出金停止が起きると、ネットでは信じる人とアンチとの攻防戦が繰り広げ...

なぜ「今回だけは大丈夫」と言えないのか?
まず大きい部分として、やはり「裏取りがとれなかった」ことがあります。

もう本当に、この一言に尽きます。

 

以下は今年の夏にご相談を受けた方とのやりとりです。

情報には何でも「表」と「裏」「体裁」と「本音」があるというのが自分の考えです。

リーガルコア自体の稼働実態はなく、得られる情報と言えばゲインスカイ側やリーダーからの表の情報のみで、当然、その情報が真実なのかどうか調べようがない状態でした。

また、リーガルコアに関しての疑問をゲインスカイ側に聞いても「別会社なので、提携先の情報をペラペラと漏らすわけにはいかない」と、詳しい情報を得ることは出来ませんでした。

そこで、2020年の4月、調査会社にregalcoreに関して調査依頼の相談をしましたが、「調査が出来ない」と言われてしまいました。

GAINSKYに関しては、帝国データバンクの調査結果を持っていますが、流出禁止ですので、ここでの開示は出来ません。

ただし、個人的には調査機関の調査力ですらアテにならないことも多いと感じます。

ここからは、具体的に懸念点について時系列に沿って述べていきたいと思います。

⚠️毎回、前置きで言いますが、私はアンチ活動や批判をしたいわけではなく、フラットに自分の感じたことを正直な気持ちで書いているだけなので、さらに詳しい情報をお持ちの方や、私の情報が間違っている等のご指摘があれば、お気軽にご連絡していただければ嬉しいと思っています。
議論したり、争いをするつもりは一切ありません。

regalcoremarketsには本当に外部の顧客がいるのか?

最大の疑問がコレでした。

今年に入り、まず本当に一般ユーザーとしてFXが出来るのかどうか?疑問に思い、ホームページを色々いじってみたことがありました。

結論から申し上げますと、今年(2020年)2月時点では、regalcoreの公式HPから一般FX会員になることは出来ませんでした。

以前は、regalcoreのホームページより一般ユーザーとして新規登録やログインしようとすると、必ずエラーが出て登録できませんでしたが、最近、上記の「register」ボタンを押すとGAINSKYユーザー専用のregalcoreのページに繋がるように切り替わっていました。

信じてくれるか分かりませんが、前は違ったんですよ。

証拠のスクショを撮れなかったのが残念ですが、今年の初め時点では「一般ユーザーがFXするのは不可」な状態でした。同一名義だからどーのこーの以前に、物理的に先に進めない状態です。

今でも、「LOGIN」を押すと「about:blank」が出てしまいますし、
以下の「RCMFX」というところのログインページを開こうとすると、


このようなページが出てきて、さらに無理やり進むと

↑こうなっちゃいます。
この状態でどうやって一般ユーザーがRCMのFXにログインするのでしょうか?

ちなみにその下の「GI IB」をクリックすると、ゲインスカイユーザー用の管理画面に飛びます。GIは「gainsky investment」の略称ですよね。

なぜ最近は、regalcoremarkets上の「registar」からでも結局、ゲインスカイの管理画面に行きつくようになったのか?真相は不明です💦

2020年の1月、私は2回ほどregalcoreに問い合わせを送りました。

最初は直接メールで。

【翻訳】
こんにちは、私は日本の〇〇です。
リーガルコアマーケットのウェブサイトについて多くの質問があります。

①登録しようとしたのですが、できませんでした。
・なぜ登録できないのですか?

②「ログイン」をタップしましたが、モニターが白く、URLが「about:blank」です。
・なぜユーザーがログインできないのですか?

③事務所はありますか?
あなたの会社の住所を教えてください。

④①のように、「RCMFX」レジスターを試しましたが、できませんでした。
このページに(入力)書くことができませんでした。なぜですか?

教えてください 。
宜しくお願いします。

返事が来なかったので、今度はGAINSKYの顧客専用ページから。


翻訳
こんにちは。いくつか質問があります。

①regalcoremarketsの本社はありますか? 会社の住所を教えてください。

②公式サイトでは、一般ユーザー(GAINSKYユーザー以外)のログインおよびFX取引機能が動作していません。どうしてこれなの? (Gain Skyの顧客だけがいますか?)

③あなたの会社はddまたはnddシステムですか?

ありがとうございました。

結局、一度もリーガルコアからの返信はなく、これに関して回答を得られることは出来ませんでした。
普通は返信が来るようなのですが、私の質問の仕方がダメだったのかもしれません😅

とはいえ、仮にregalcoreの顧客・提携先がもしGAINSKYだけとしても、それでしっかり収益を上げてwin-winのビジネスモデルを築いているのなら、別に他の一般ユーザーがいなくても支障はなさそうかな…?というのが当時の私の見解でした。

一般FXユーザーは3日出金が出来たという噂について

その後、regalcoremarketsはジュビリエースでも使われていることを知ったので、ジュビリエース、ジェンコ側でも問い合わせや調査をしてみました。

最初は、なぜかジュビリエースのユーザーから叩かれたり馬鹿にされたりと、まともに相手にされませんでしたが、ジュビリエースのユーザー側の結論としては「リーガルコアは問題ない、ゲインスカイがポンジスキームだ」と言われてしまいました😅

チャトラン
チャトラン
うーん・・・正直、どっちもどっちだと思うんですが…

一つ、「GAINSKYだけがポンジだ」という証拠として、リーガルコアから一般ユーザーとしてアカウントを登録し、11月末に出金申請をしたら、KYC提出せずとも3日以内に着金したという興味深いレポートがありました。

それがこちらです↓

ただし、この情報を鵜呑みにしていいのか??というのも、個人的には疑問です。

なぜなら、さきほど申し上げたように、まず「じゃあ一般ユーザーはどこから登録するの?」という疑問があるからです。

現在のリーガルコアのHPでは、新規アカウントを作るなら、ゲインスカイのIBの管理ページに辿り着きます。
それ以外でのユーザーがアカウントを開設できるところなんて、どこにもありません。

たまに「regalcoreから一般ユーザーとして登録したのに、お問い合わせしたら、なぜか聞いてもないのにリーガル側からGAINSKYの名前を出してきた!」と騒がれている発言を拝見しましたが、それもそのはずで、一般ユーザーと思って登録したページはGAINSKYユーザー専用のところであるからでしょう。

ちなみに、regalcoreのGAINSKYユーザー専用のログイン画面とは以下の画面のことです。

なぜ、上記がGAINSKY用の管理画面といえるのか?というと、

①リーガルコアで「GI IB」ログインをクリックしたときと同じURLだから

②GAINSKY側とログイン画面のサイト構成が一緒だから

GAINSKYのログイン画面は以下です。

似すぎです。

ほかにも、先ほどの「regalcoreから3日で出金出来た」という証拠画面がこれで、

ゲインスカイにログインして、出金申請した時の画面がこれです。

やはりバックオフィスの作りが全く同じですね。

考えられることは、

①リーガルコアは、GAINSKYユーザー(&ジュビリーエース?)専用の証券会社(OEM?)

②リーガルコアとGAINSKYの胴元が同じ?

③GAINSKYユーザーも一般FXユーザーも、同じこの管理画面を使っている?

(でも「RCMFX」と「GI IB」で間口が分かれてるし、普通に問い合わせしたらGAINSKYユーザー前提の回答が来るので、無理がある気がする)

似ているのは、たまたま同じテンプレを使ったとか、どっちかがどっちかをパクッて作ったという可能性もゼロではありませんが…。

ちなみにWEBデザイン業界歴20年の友人に聞いたところ、これは中国でよく使われるサイト構成だそうで、「一目見て分かるよ~」と言っていました。

まとめますと、
どう考えてもリーガルコアの一般ユーザーが存在しているようには思えないし、そもそも一般FXユーザー用のログイン画面が503エラーなので物理的に入れない。

チャトラン
チャトラン
どっちみち3日で出金が出来たなら、なおさら「KYCが通らないと出金されない」という話の辻褄が合いません。

なので、今回のKYCは、単にGAINSKYの既存ユーザーの資産幽閉のために言っている可能性も考えられます。
ちなみに「あとから入金した分や新規の方は出金できる」という話は、幽閉ネタではめっちゃよくあるお決まりパターンです。

また、「RegalCoreはホワイトラベル(OEM)の提供を行い、そのシステムで運用がされている下位の取引所が10社以上存在しております。」というのはどこからの情報源なのかも非常に興味がありますね。でもそれを知ったところで見解は変わらないと思います。

マイアクア側との辻褄が合わないのはなぜ?

本当はもう少しジュビリーエースのユーザーの方から情報収集したかったのですが、マイアクアユーザーで仕組みに詳しい人と出会うのが困難で、結局、真実は分からないままでした。

どうやらJENCOは口座と紐づけするMAMとかPAMMではないようですが、マイアクアという案件のユーザーはみんなregalcoreで口座開設やKYC申請をしているそうなのです。

どういうスキームかは知りませんが、どちらにしてもマイアクアのユーザーには、NIAの話も共有されていないし、「3日出金の廃止」や「2段階認証KYCの提出」の通知もなかったようですね。

既にマイアクアはサービス停止しているので、そのような幽閉のための言い訳(KYC)すら不要だったとか‥?と感じてしまいます。

また、もしマイアクアのほうがサービス停止しても、regalcoreから出金が出来るのなら強力な安心材料になるのですが、そのような情報も見当たらないので、結局、案件元ではなく証券会社に預けたとしても、出金出来ないリスクはありそうですね😢

もし、regalcoreから出金出来なかったら、当初聞いていた話とは違いますからね。

逆に言えば、最悪の場合「GAINSKY社が幽閉したわけではない」と、実態不明のリーガルコアのせいにすることによって、うまく責任逃れをしやすいスキームであるとも言えますね。

MSBライセンスの信頼性ってどうなのか

あと、判断を鈍らせているのが、MSBライセンス取得の件についてです。

今回は本当にリーガルコアはMSBを取得しているので、信頼ある取引所だから心配はいらないという意見も多いですが、これに関して一つの懸念があります。

それは昨年「WO TOKEN」というHYIP(詐欺)案件がありました。
ここは自社取引所を立ち上げたのですが、この取引所がまさにMSBライセンスを取得して飛んでいます。私もwotokenはやっていましたが元本回収できずに終わってしまいました。

 

これを知って、個人的には「MSBライセンスを取得したからといって何の安心材料にもならないな・・・」ということを学びました。

詐欺の会社でもMSBはとれるし、MSBとったあと、会社を倒産させることだっていくらでも出来ます。結局は運営のさじ加減次第だと感じます。

ちなみにウィンザマスターもMSBライセンス取得してるらしいですよ(@_@)

GAINSKYの日本マネージャー解雇の件について

先日は、日本マネージャーが解雇されたという発表が出ました。
GAINSKY本部と口論となり、突然クビになったと言われていますが、これに関しては別に何の解釈も深読みもありません。

一つ思うことは、ここで解雇されたら、社員の方は「GAINSKY側の人間ではない」という立ち位置を明確に出来るので、何かの時は責任を取らなくて済むようになったのではないでしょうか。

投資は自己責任ですが、万が一のことがあったら日本マネージャーや紹介者が責められたり、訴訟や被害者の会が出来たり、勝手な憶測で犯人探しが始まることが本当によくありますので、ここで完全にGAINSKY側じゃなくなったことは、逆にそのようなリスク回避が出来てよかったのでは?と思います。

イヤミとかではなく、本当に上層部の方は何かトラブルがあったときは凄く大変です。
私はGAINSKYで多くの学びや最初の立て直しのきっかけを作れたので、紹介してくれたアップには感謝しています。たとえ損しても恨んだり人のせいにする考えはありません。
単にリーガルコアは信用できないし、状況が変わったのでもう無理だなと思うだけです。
それ以上でも、それ以下でもない。
こうなってしまったら仕方ないと思っています。
アップが悪いわけでもGAINSKYの日本の社員が悪いわけでもないのは百も承知です。
騙そうとしているわけではないのも当然分かってます。
なので今後、変な荒れ方をしないといいのですが・・・

GAINSKYが怒るのは意味が不明

先日、DMでとある方からこのようなメッセージをいただきました。

チャトランのブログで困惑している人がいるので、万が一GAINSKYが出金出来たらチャトランのアカウントを退会させるという噂も出ていますよ」と。

チャトラン
チャトラン
はっ??

その間接的な脅迫は何なんだ。

そもそも私のブログのせいじゃなくて、
困惑させてるのは、regalcoremarketsですから。

それでなぜGAINSKYが怒って退会させるのでしょうか。
私はGAINSKY自体は否定していませんし、
「regalcoremarketsが信用できない」と言ってるだけです。

むしろGAINSKYも「regalcoreへの信頼がなくなりました」と言ってくれればいいものの、凍結とか言ってること自体、やっぱ母体同じなんじゃない?と思っちゃいます。

パスポート持ってない人や銀行の残高証明がとれない人、多くの人が困っています。慌てて不要なパスポートまで取得させてもなお、誰もKYC通って出金出来ていないのが現状。
「5%は完了した」と言われていますが、誰かこの進捗情報を実際に確認した人でもいるのか?そもそも一次情報すら信用できないです。

突然のKYCで1カ月以上出金停止になって、困惑しないほうがおかしいでしょ。
投資は宗教じゃないです。
信じましょうとか、祈りましょうとか言ったところで、未来は変わりますか?

根拠に乏しい「大丈夫です!」というリーダーの言葉を聞いて安心する感覚も、
私のブログを見て「もうダメですか?」と聞いてくるのも、どっちもヤバイんです。
もーほんと、人の意見ばかり振り回されている人は、投資すべきじゃないと思う。

これはどの案件でも全部言えること。

しかも私、リーダーも外されてるし、グループも全部外されてますからね。

↑何の前触れも確認もなく、勝手に切られたので、
コミュニケーションも繋がりもあったもんじゃないなと思いました。

GAINSKYには、集客・売上面で、数億単位ほど貢献したんですけどね。
自分自身も、ずっとDチーム(30000ドル以上)で運用してましたし。

私に非があるなら改善しますので、ちゃんと指摘や注意してほしかったです。
こちらから理由を聞いても、明確に教えてくれませんでした。

人間、誰でも最初から完璧にはやれないです。
より良くなる機会すら与えられないと思うと悲しかったです。

チャトラン
チャトラン
そりゃー、やる気なくしますわ。

GXTの方は、本気で叱咤激励して育てようとしてくれましたから。w
だから勉強しよう!頑張ろう!って思えたんです。
アンチマーケや撤退指示を出したつもりはないのですが、
どうしてもGXTTとの温度差が埋められなくて
気付いたらほぼ全員が、GXTTに比重を移行してました。
まぁ、今はそれで本当に良かったと思っています。

自分がオススメしていた案件でも、意見が変わって注意喚起することはあります。
嫌われたり叩かれても、ウソはつきたくないです。

PGAが止まったときもこんなことを言っていました。

GAINSKYとGXTT、どちらをやるか悩まれている方が多く、
ご相談いただいた方には、本音でぶっちゃけすぎていたので、
多分リーダーとしてはダメだったんだろうなと思います。

だからといって、私はダウンさんの質問を無視したこともないし、困っている人を見捨てたことはないです。
むしろ出金止まってから、1週間かけて予定をヒアリングして、一人一人電話や対面で運用状況の確認や謝罪、時には自腹で少しでもプラスになるよう補填したり、多分どのアップよりフォロー頑張ったと思いますよ。

世の中のほとんどの人が、フォローするのはお金になるときだけです。
お金にならなくなったり都合が悪くなったら、だんだんサポートしなくなります😅

冷静に考えて、こういうマーケティングありきで裏取りのとれない投資案件は、3~5週間出金停止した時点で信用がなくなるので、案件の継続は難しいと思います。
だって、もし出金再開したらどうしますか?
みんな怖くなって出金してしまうと思いますので、マーケティングは失敗になります。

今私のGAINSKYのアカウントには、自分の父とパートナーのアカウント含め、1000万以上が入ってます。

自分はもう出金出来ないと諦めていますが、GAINSKYから強制退会されてお金をとられるぐらいなら、案件失敗して困っている人や、いつも仲良くしてくださる読者の方にこの1000万を全額配布しますよ。
もし出金できたら、本気でそうしようと決意しました。

すみません、この章ではつい感情が入ってしまったことをお詫び申し上げます🙇💦苦笑

PGAとGAINSKYとJAとリーガルコアは同じなのか?

あくまで憶測ですが。ゲインスカイ・ジュビリエース・PGA・リーガルコアって、やっぱり胴元は同じなんじゃない?と個人的には思います。
全く同じボスじゃなくても、何かしら繋がりはある気がします。サイトの作りが酷似していますし。

PGAのログイン画面↓


PGAの出金完了画面↓


ジュビリーエースの出金画面↓


ジュビリーエースのバックオフィス↓

whoisで調べたら、ドメイン会社とネームサーバー会社も全部同じですし

 

念のため、GXTTやマイニングシティやウィンザマスター、TORQUEなどの別案件のドメインも調べましたが、もちろん全て違いました。なので、上記が偶然の一致とは思えないんですよね。

同一の案件制作業者に依頼している?とかもありえると思いますが。
4つとも全部同じというのは、何かしら関連がないと不自然だと思っています。

ちなみにGXTのドメイン情報。↓

で、このドメインの話が露呈されたのが11月18日なのですが、
(以下の9:45~参照)

GAINSKYが何の前触れもなく突然のKYC導入→出金停止となったのは、この翌日の11月19日ですよ。タイミングがピッタリすぎではないでしょうか。

個人的には、上記の情報が拡散されてしまったため、「出金されるからヤバイ」と思って突然出金を止めたようにしか見えません😅

事前からアナウンスがあっていたなら分かりますが、KYC導入はかなり突然の話でしたから。

ブロックチェーン専門家の見解を聞いてみた

先日、とある方のご紹介で、自社取引所を作ったり、企業からの数百億の資産を自社のツールで運用されているプロップファームの専門家の方とお話させていただきました。

ゲインスカイのスキームについてお話したところ、まず「regalcoremarketsがAbookなのはありえません。インターバンクを介した注文の中に暗号通貨が存在することが不可能であり、MT4もただストリーミング?を流してるだけで実際に運用されてない」と言われました。

その他、デジタルアセットがどうのこうのなど、専門用語が満載で非常に難易度の高い会話が繰り広げられましたが、要は「これだけの資金の額を本当にAPI接続でMAMをやるのがありえない(発注が滑るし、時差が開いてしまう)、一部だけは集めた資金を運用しているかもしれないが、ほぼ運用されてない可能性が高い」とのことでした。

もちろん、これも一専門家の意見でしかないので、参考程度に留めてほしいと思いますが、言われていることは一理あるのかなと感じました。
この方からは今後も色々とお勉強させていただければと思っています。

まとめ・見解

今のところ、ここまでの情報を集めると、やはり従来のやり方で全員の出金が一気に再開される可能性はかなり低いと感じています。

「KYCの承認が下りた」という報告は、今後出てくる可能性はあるかもしれませんが、全員が着金するまでが大事です。
KYC申請して、5週間以内に全員が全額出金出来るようになる確率は、0.00001%ぐらいだと思います。既にもう4週目入っていますし。普通におかしいです。

現在、GAINSKY側が新たな暗号資産を発行し、コイン経由で出金出来るようにするというアイデアも出されているようですが、そもそもGAINSKYで今それを頑張っている内部の人もどこの誰なのかも知らない状態なのに、その話を鵜呑みに出来ないのが正直なところです。

regalcoreとGAINSKY間の信頼関係や立場の強弱もよく分かりませんし、とりあえず「目に見えない話・裏取りの取れない話は一切信じることは出来ない」というのが自分の答えです。
昨年、私はコツコツ貯めてきた1300万の資産を一瞬で失いました。
これは、ブロックエコやその他の案件での挫折を通して学んだ最大の学びなので、私は今回の件は自分の資金は諦めて静観します。

万が一、どんな方法であれ現金化が出来た暁には、私の見解が外れたお詫びとして、謝罪と共に、いま幽閉されている資金の全額をみんなに還元していきたいと思いますので、今後の展開にも注目していきましょう。

未来のことは分かりません。
時間が経てば違う形で少しでも出金できるようになるかもしれませんし。

そうそう、アルファロックみたいに。
一回出金停止して飛んだと騒がれていましたが、
なんと、「20分割で出金される」ということになっており、実際着金されてます。
本当に20回払いの約束が守られるかは分かりませんが、こういうこともあるのかとビックリです。(私がやっていたわけではないです)

また有益な情報があればお伝えしていきます。

【LINE@でも情報発信中🎉】

チャトランのLINE@では、投資案件の情報や体験談をメインに、
知って得するお得な情報、ブログ更新情報などいち早くお届けしています。

また、個別での質問やサポートにも対応しています。
ぜひ、以下よりお友達追加をお願いしますね♪♪

↓↓

友だち追加
ABOUT ME
chatoran
chatoran
寅年生まれのチャトラン社長です。 投資歴13年。株の売買、ファンド事業、配当ウォレットで全資産と信用をなくすピンチに陥っている。でもここで諦めたら人生終わり。 この挫折で得られた学びと人脈を今後に生かし、持ち前のバイタリティーで案件の現地調査、情報収集、FXなど、徹底的な立て直しプランを検討中。 お金は、夢を叶えるためのガソリンだと思っています。 勇気を出して一歩進んだ先には、素敵な未来が待っているということを、自分の身をもって証明できるよう、持ち前のチャレンジ精神で、今後も全力で頑張ります。